実印とは

実印とは

印鑑の中でも一番重要度が高い印鑑が実印です。このサイトでは実印について説明します。

実印とはどういう印鑑なのか、印鑑登録とは何か、実印を作るときに知っておきたい決まり事や実印の作成時に使用される書体の選び方やおすすめの書体、実印の姓や名の入れ方の規則などを説明しています。

印鑑には実印のほかにも銀行印、認印、訂正印などがありそれぞれ用途が違います。銀行印や実印は通帳などと一緒に保管するのはやめましょう。印鑑登録証と実印も同じところに保管しておくことは危険です。盗難にあった時悪用される恐れがありますので必ず別々の場所に保管することをおすすめします。また自宅に保管場所が確保できない時には銀行の貸金庫に預けるのがおすすめです。また実印を他人に渡すのは絶対やめましょう。信頼している人でも親戚であっても絶対に預けてはいけません。無用なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。紛失した場合は速やかに印鑑登録をした市区町村役所に紛失の届け出をしてください。盗難にあった場合は印鑑登録の印鑑証明の発行を止めることができますのでその手続きも忘れずおこなってください。実印は自身を証明する大切な印鑑です。細心の注意を払う必要があります。